FC2ブログ
石と癒しのパワースポット
http://hpaken.blog2.fc2.com/
CURRENT MOON

GLASTの予約カレンダーは、こちらから

GLASTホームページは、こちらから
GLAST WEB SHOPは、こちらから
次は金星。
2012-06-02 Sat 14:09
金環日食の興奮が覚めやらぬ間に、今度は金星です。6月6日には「金星の太陽面通過」が見られます。いわば「プチ日食」のようなものですが、毎年地球のどこかで見られる日食と違い、これを逃すと次は2117年12月11日という非常に珍しい現象です。やはり太陽を見ることになるので、観察時の注意も日食の時と同様です。日食観察用のメガネやプレートをそのまま使って見ることができます。(図は、太陽の見かけの回転を含めない場合の金星の動きです。)

この金星の日面通過は100年以上の間を置き2回ずつ、不思議な発生メカニズムらしいです。金星の日面通過は必ず6月か12月のいずれかに起きる。一度起きると続けて8年後の同じ月にまた発生するが、その次の日面通過までは気が遠くなるほどの長い年月を待たなければならない、ということです。つまり、6月の日面通過が2回続いた後、105年後に12月の月面通過が2回続く。そこから121年6か月後にまた、6月の日面通過が起きる。前回の日面通過は2004年6月に観測されましたので、今回も6月。その前は1882年12月。つまり今回の6月の日面通過を見逃してしまうと、次に観測できるチャンスは2117年12月と2125年12月まで来ない。私は計算では生きていないので見逃せません。ていうか、みなさんもですよね。

venus_transit_convert_20120602133637.jpg
やっぱり見たいよね。あれだけ金環日食が記憶に残ったし、期待しちゃいますよ。

5_7astroarts_banner_s.jpg
↑さすが専門分野ですね。さまざまな情報が盛りだくさん!
別窓 | § 日記帳 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<2012.6月の満月メール | GLAST | パリの味。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| GLAST |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる